小湊鉄道のいる風景

2013年9月30日月曜日

青空と雲とキハ

夏も終わり、秋が近い、そんな微妙な時期に見せた微妙な空。空はあくまでも青く、とても澄んでいるのですが、小さな雲がわんさか湧いていましたが、これはこれで気持ちの良い空かも。そんな空の下を1輛のキハが走っていきました。

2013年9月29日日曜日

ヒガンバナとキハ その2

昨日貼った写真で陰になってしまったので、反対側に回ってみました。地元の方が作業をされていたので、ご挨拶させてもらうと、気さくに話しかけていただき、色々お話を聞くことが出来ました。手弁当で菜の花の種まきから、薮刈りなど、おもてなしをしていただいています。役場も当てにならんし、体がいつまで持つかもわからんし、ということで、こんな奇麗な時期もあったんだねぇで終わっちゃうのかなーなんて。我々はいったい、どういったお手伝いが出来るのでしょうか。
そこの薮を、奇麗にしたから、ぜひそこで撮っていってくださいってことだったので、お言葉に甘えてお邪魔させていただいて、1枚。ありがとうございました。

2013年9月28日土曜日

ヒガンバナとキハ

だいぶ咲きそろってきたという情報をいただいたので、ヒガンバナといえばここでしょうという場所へ。今年は少し少なめですかね。それでもツヤツヤの赤い花が奇麗に咲いていましたので、大きく入れて撮ってみました。10時過ぎの列車で撮ったのですが、この時間で既に陽が向こう側へ回っていて、陰になってしまいました。来年に期待?

2013年9月25日水曜日

台風直前の秋の空とキハ

翌日には台風が関東地方へやってくるかもって日、意外と青空が広がっていたので、空いっぱいの画角で写真を撮ってみました。そろそろ夜の勢力が増してくる時間なので、地上の明かりが全然足りません。こんな時はどうしたものかといつも悩みます。ヘッドライトも灯けてくれなかったし。

2013年9月24日火曜日

藁干しとキハ


稲刈りも終わってしまって撮るものもないよなーと思いつつ、大久保へ来てみたところ、脱穀の終わった藁がいくつか並べてありました。これは良いものが・・・ってことで、早速近づいてパチり。既に陽が山の陰に入ってしまい、ちょっとアレな絵になってしまいました。



2013年9月23日月曜日

コスモスとキハ

コスモスと言ってもキバナコスモスですけどね。薄紫色のあのコスモスはもう少し先でしょうか。そのキバナコスモス越しにキハを撮ってみました。行き先サボとK.T.K.の文字。切り抜きの車番。好きなアングルです。

2013年9月21日土曜日

フヨウが咲きました

先日貼った里見の駅でコスモスが咲いていたので、きっとここも咲いているだろうと思って、来てみましたが、コスモス自体はそれほどではありませんでした。替わりにといってはあれですが、フヨウの花が咲いていました。まだまだつぼみの方が多く、これからといったところでした。もうちょっとすれば満開のフヨウが見られるかもしれませんね。

2013年9月20日金曜日

通券の受け渡し

上総牛久・里見間は、非自動閉塞という方式で運用されています。通常は、通票と呼ばれるタブレットを使って閉塞を行うのですが、まれに続行運転などをする場合、通券と呼ばれる許可証が発行されます。写真は、その通券を運転士さんと駅員さんで確認し合っている場面です。通票を見せて、これは本物の通券だよねってお互いに確認しています。

2013年9月19日木曜日

キバナコスモス越しのタブレット受け渡し

だいぶ寒くなってきましたね。日が落ちるともう半袖では厳しいです。この時期に咲く花としてはキバナコスモスがあります。ここ里見駅でも自生(?)していて、良いアクセントになってくれます。写真はそのキバナコスモス越しのタブレット受け渡し風景。なんだかボケすぎてファンタジックな絵になってしまいました。

2013年9月17日火曜日

大雨の中の馬立駅

五井駅を満喫した後、里見駅に帰る途中、馬立駅がいい感じだったので、寄ってみました。しかし着いた途端に大雨。しばし駅舎内で雨宿りして雨が弱くなったところでホームへ。ちょうど下り列車が来たので、パチリ。奥の出発信号が良いアクセントになってくれました。

2013年9月16日月曜日

こんな日はキハに乗って


雨が降ったりやんだり、たまに晴れ間も出るんだけど、列車がくる頃には・・・といった微妙な天気なので、こんな日はキハに乗って楽しむことにしました。そして五井。跨線橋には村上で勤務されていた方が案内をされていました。あんな暑いところで、一日過ごさないといけないなんて大変だろうなぁ。そして写真のホームには水飲み水栓がありました。もう誰も使わないだろうけど、こうやって残っているのをみるとうれしくなりますね。



2013年9月15日日曜日

イガグリが大きくなってきました

そろそろ秋の足音が聞こえてきたみたいですね。写真には写っていませんが、既に茶色くなって食べごろなんじゃないかってのもありました。夏が終わって一段落と思っていたのに、まだしばらくは忙しい日々が続きそうです。

2013年9月14日土曜日

雨上がりの朝は

明日からはとか言っておきながら、1日空いてしまいました。この日は、屋根を叩く雨の音で目が覚めました。暫く降っていたのですが、そのうちやんで来たので、ふらふらっと上総大久保駅までやってきました。ホームに水たまりでもあればと思ったんですが、全然ありません。意外と水はけが良いのかもしれませんね。そうこうしているうちに下り列車がやって来たので、車掌さんと一緒にパチり。

2013年9月12日木曜日

里見駅での入れ替え作業 その19

ということで、先ほどの3両編成が上り本線へ停止しました。この列車も臨時列車として五井に向かいます。そして、この列車が発車すると、里見駅の熱い夜が終わります。この日は軌道バイクから始まり、お腹いっぱい感がハンパなく、ここで撤退してしまいました。
ということで、このシリーズはおしまいです。長い間お付き合い頂きましてありがとうございました。明日からはまた、いつも通り、ダラダラと撮った写真を貼付けていこうと思います。

2013年9月11日水曜日

里見駅での入れ替え作業 その18

組成した3両編成は、すぐに下り方の本線へ移動し始めました。手前の転轍機が反位を示していますね。多分次にこの転轍機が動くのは来年の同じ日でしょうか。

2013年9月10日火曜日

里見駅での入れ替え作業 その17

3両編成の組成が完了しました。夕方から夜遅くまで、精力的に働く関係者の方々には、頭の下がる思いです。

2013年9月9日月曜日

里見駅での入れ替え作業 その16

先ほど、下り本線で分割した残りの1輛が中線へやってきました。最初に来て休んでいた2両編成と連結して3両編成を組み立てます。山の中の小駅でこんなに熱い入れ替え作業が行われていたという記録を残しておきましょう。

2013年9月8日日曜日

里見駅での入れ替え作業 その15

中線にいる車に明かりが灯りました。客室の蛍光灯ではなく、運転席の白熱灯が灯っています。昭和の匂いがそこはかとなく漂ってきそうな雰囲気に思わずシャッターを切ってしまった、そんな一枚です。

2013年9月7日土曜日

里見駅での入れ替え作業 その14

2両編成が渓谷へ向けて走って行った後、上り本線の4両編成が臨時列車として発車していきました。そして、手前の中線の2両編成の周りに人が集まってきます。
そろそろ里見駅の熱い夜は終わりに近づいてきました。もう暫くお付き合い願います。



2013年9月6日金曜日

里見駅での入れ替え作業 その13

五井からやって来た定期列車は3両編成。ホームに到着するやいなや、テキパキと列車を分割して、2輛と1輛に分けてしまいました。前回は1輛が中野へ行きましたが、今回は2輛が渓谷まで行くことになります。写真はヘッドライトに照らされる2両編成渓谷行き。写真には写っていませんが、中線の2輛、上り本線の4輛をあわせると、9輛が里見駅に存在している事に。前回の7輛でも驚きですが、もっとスゴいことになってしまいました。

2013年9月4日水曜日

里見駅での入れ替え作業 その12

再び賑やかになりつつある里見駅に、下り定期列車がやってきました。花火大会もほぼ終わりで、早めに切り上げて来た人たちがたくさん乗っているはずです。上り本線では発車準備が整ってお客さんを受け入れるべく扉も開いています。五井方面へ帰るお客さんが高滝駅でこの列車を待っているはずです。

2013年9月3日火曜日

里見駅での入れ替え作業 その11

そうこうしている間に花火大会は終わりに近づいてきました。そろそろ帰るお客さんの輸送をしないといけません。ということで、上り本線に留置中だった列車の室内に明かりが灯りました。また暫くは慌ただしい時間が流れます。しかし、こうやって改めて見ると4両編成は長いですね。

2013年9月2日月曜日

里見駅での入れ替え作業 その10

そろそろ飽きられそうですが、里見駅の暑い夜は続きます。駅からは花火は見えないだろうと諦めていたのですが、なんのことはない、こんなに奇麗に見る事ができるのでした。写真はキハに囲まれた上りホームと花火。来年からももう、ここでいいやって思ってしまうけど、地元の方の超オススメポイントがあるらしいので、来年はそこに行ってみたいと思います。