小湊鉄道のいる風景

2013年8月30日金曜日

里見駅での入れ替え作業 その9

上り本線に入線した4両編成は、定位置に停車すると、 室内灯も全て消灯してしまいました。ここでまた小休止。暫くはまったりとした時間が流れます。そんななか、本来のメインイベント、花火大会が始まりました。キハも花火を見ているのでしょうか。窓に映る花火をそっと撮ってみました。

2013年8月29日木曜日

里見駅での入れ替え作業 その8

上り列車が牛久方面へ発車していった後、先ほどまで下り本線で休んでいた4両編成が、上り本線へ転線してきました。この後に来る定期下り列車が下り本線を使用するので、それを避ける必要があるためです。ヘッドライトが眩しい。

2013年8月28日水曜日

里見駅での入れ替え作業 その7

昨日の写真の後、4両編成は下り本線でお休み。しばらくして先ほど分割して中野方面へ行っていた1輛が上り列車として帰ってきました。構内踏切を開けるために4両編成が下り方へ少し移動、駅員さんがタブレットを持って上り線ホームへ向かっています。この1枚に7輛が収まっている事に改めて驚き。

2013年8月27日火曜日

里見駅での入れ替え作業 その6

小休止した後、臨時列車が下り本線に入線してきました。4両編成ですね。多分、これも改正以降初めての4両編成だと思います。この時点で里見以南には中線の2輛、下り本線の4輛、中野方面に行った1輛。現役の車輛13輛のうち、7輛が里見以南に存在することになります。

2013年8月26日月曜日

里見駅での入れ替え作業 その5

車輛は、中線の一番奥に入って灯りを全て消してしまいました。暫くはここでお休みです。静かな山の中の小さな駅に、キハのアイドリング音が響いて。至極の時間が流れます。

2013年8月25日日曜日

里見駅での入れ替え作業 その4

再び駅構内へ入って来た2輛は、そのまま直進し、グキグキと音を立てながら進入してきました。里見駅の中線を使用する記念すべき一瞬です。

2013年8月24日土曜日

里見駅での入れ替え作業 その3

残された2輛が一旦下り本線へ引き上げ、再び駅構内へ戻ってきました。列車横の転轍機が反位を現しています。この転轍機を動かすのは、改正以来初めてじゃないでしょうか。なかなか見られない光景です。運転席横では相変わらず誘導灯も灯っています。

2013年8月22日木曜日

里見駅での入れ替え作業 その2

先頭の1輛が上総中野へ向けて出発していった後、残りの2輛が停まっています。この位置で2両編成が構内踏切を閉めたまま停まっているのは珍しいのではないでしょうか。列車先頭では誘導灯が灯されていますね。これから入れ替え作業が始まります。

2013年8月21日水曜日

里見駅での入れ替え作業

昨日貼った列車が出て行った後、その次の下り列車が3両編成で入ってきました。停まるや否やわらわらと人が集まって来て、手際よく連結器を外し、1輛だけが上総中野駅へ向けて発車していきました。写真は下り本線に2列車が並ぶ珍しい光景。

2013年8月20日火曜日

花火輸送

花火大会の始まる少し前、里見駅がだんだん賑わいをましていきます。ここから一駅の高滝へ向かうために列車に乗ろうとしているお客さんたち。下り列車が到着した後、構内踏切が開いて、復活した上り線ホームへと向かいます。そんな中、上り列車がやってきました。

2013年8月17日土曜日

ヒマワリとキハ


喜動房さんの畑でヒマワリが咲いてるよってお話を貰ったので、早速行ってみました。するとどうでしょう。線路の両脇に奇麗に並んでるではないですか。ということで、こんな感じの1枚を撮ってみました。珍しくすっきり晴れた青空と一緒に。



2013年8月16日金曜日

里見駅の日常風景

昨日載せた写真を撮った後、お風呂入って、翌朝、キハの音に目が覚めて、もそもそと駅の方へ行ってみました。
普通にこんな風景を見ることが出来るなんて、なんて幸せなんでしょう。出来る事なら永遠に続いて欲しい風景です。

2013年8月15日木曜日

川間の赤い月

本当は流星群を撮りたかったんですが、厚い雲に阻まれて敗退。翌日に期待して来てみればこんな感じでした。
雲が薄くなって、月の明度が下がり良い感じに。
レンズのゴーストが丁度月の周辺に出てしまったのは、ちょっと残念。
ところで、この写真を撮っている時にご同業さんと遭遇。バルブタイムで遭遇するのは結構まれなことだったりします。