小湊鉄道のいる風景

2013年6月30日日曜日

ホタルを見た翌朝

一昨日の写真を撮ってから、ホタルを少し鑑賞して、五井でお風呂に入り、そのままベッドに潜り込みました。なんという幸せな時間でしょうか。

写真はその翌日。上総大久保駅で始発列車を後打で。白い小さな花は何て言うのでしょうね。ところで、この車はベンチレータが唯一違うタイプの車ですね。これを見ると一日幸せになれる?そんなことないか。

2013年6月28日金曜日

スーパームーン(前夜)

先週の満月が、一年で一番大きく見える満月らしいですね。写真はその前夜のものです。
月が明るいと、空も明るくなって、奇麗青色が写るので、結構好きだったりします。
もうちょっとシャッタースピードを稼げれば言う事無いんですけどねぇ。

2013年6月27日木曜日

キハを出迎える駅員さん

牛久方面から1台のキハが小さな山中の駅にやってきました。それを迎える駅員さんが凛々しく見えます。

2013年6月26日水曜日

続・月崎のアジサイ'13

前回のアジサイは盛りには早かったのか、色がいまいちでしたが、
今回のは少し盛りを過ぎてしまい、これまた色が落ちてしまった花も。
そんなアジサイの先にキハがヘッドライトを輝かせてやってきました。

2013年6月25日火曜日

山盛りラベンダー

約3週間ぶりに沿線にお邪魔することが出来ました。
最初はどこにしようかなと悩んで上総鶴舞までやってきました。
ホームを見るとラベンダーがわっさわっさとはえているじゃないですか。
周りにはミツバチやらチョウチョやらがわらわらと集まっていてスゴいことになってます。
そんなラベンダー越しにやってきたキハをパチリ。

2013年6月16日日曜日

最終列車

夜の10時前、最終列車の発車を、駅員さんが合図します。キハがそれを体一杯に受けて光りました。そして里見駅の一日が終わります。明日、駅員さんは4時過ぎに起床して、こんどは一番列車を迎え入れる準備が始まるそうです。

2013年6月15日土曜日

夕陽に照らされる喜動房倶楽部売店

この日は、ほぼ丸一日、里見駅で遊ばせていただきました。そろそろ陽も沈む頃、ふと喜動房さんの売店を見てみると、あの看板が奇麗に茜く染まっているじゃないですか。どこか誇らしげでもあるそんな売店をなんと無しに撮ってみました。

ちなみにコロッケサンドが無茶苦茶美味しくてオススメです。下り列車であれば、大抵3〜4分は停まっているので、ぱっと下りてぱっと買ってぱっと乗り込む事も出来ます。
先日は、そんなお客さんが結構いらっしゃいましたが、そのうちの何組かは、そのまま乗って行くのはツマラン!といって、次の列車までこの駅で過ごされていかれました。改正後は列車密度が上がり、次は2時間後なんてことが無いので、そんなことも出来るようになりました。

2013年6月14日金曜日

人が安全を守る

近代化されていない、機械化されていない、安全装置。所謂手動閉塞。乗客の安全も車掌さんが守っています。そんな人のぬくもりが感じられる小湊鉄道に、魅力を感じない人なんて、いるのでしょうか。

2013年6月13日木曜日

新設された構内踏切

ここ、里見駅にはホームが2つあり、それを結んでいるのが、この構内踏切です。最近のドコでもよく見かける構内踏切ですが、里見駅に設置されているだけで、何故か違和感が沸いてくる不思議。

2013年6月12日水曜日

有人駅

駅員さんの居る駅、里見駅。もうこれだけでごはん3杯はイケます。タブレットキャリアを肩にかけて出発して行く列車を見守ります。そろそろ夏ですね。パリっとしたワイシャツが眩しいです。
ところで駅員さんが持っているのはタブレットではなくスタフですね。ということは、スタフキャリア?

2013年6月11日火曜日

里見駅に進入する上り列車

千葉の山の中の小さな集落に、鉃道が通っていて、これといった近代化もされず、比較的大きな駅として里見駅が存在しています。そんな駅へ、スプリングポイントをいくつか越えて上り列車が入ってきます。関西の友人が言っていました。やっぱり関東は懐が大きい。こんな風景が容認出来ている事自体がすごいことなのかもしれません。

2013年6月10日月曜日

私鉄、小湊鉄道

昨日貼った写真を撮った後、さしたるスケジュールも無く、フラフラと里見駅へ吸い寄せられました。喜動房さんがそら豆の皮むき作業をしていたので、少しだけお手伝い。そうこうしているうちに列車が来たので、パチリ。「KTK」の文字が私鉄であることを強く主張しています。

2013年6月9日日曜日

月崎のアジサイ'13

そういえば先週行ってきてたのに、ここに貼付けるのを忘れてましたよ。ってことで、また暫くお付き合い願います。この日は最近にしては珍しく前泊で朝から活動・・・の予定でしたが、お友達の呼ぶ声で目を覚ます低たらく。1番列車到着5分前にそそくさと用意してパチり。ホントは雨降りの中のアジサイを期待したのだけれども、今年は空梅雨のようで。