小湊鉄道のいる風景

2011年7月31日日曜日

俯瞰+夜撮

夜撮というにはちょっと早いかな?かといって夕方でもない。黄昏時って言えばいいのかな?この場所は、一歩間違うと滑落の危険がある撮影ポイントですよね。そんなところで夜撮なんて、正直お勧め出来ません。実際怖かった。

光芒

やっぱり夜撮は楽しいですね。思う存分「光」を楽しむことが出来ます。機材的にはあまり夜撮には向いていない機材かもしれないんだけど、それなりに工夫してなんとか撮って遊んでます。ある程度天気を気にしなくてもよいし、同業者も少ないので、結構楽しめます。
そういえば、右側にオカマ掘られて買い替え中の愛車(仮)が映ってますね。

2011年7月30日土曜日

軌跡

夜間撮影、いわゆる「夜撮」の定番が長時間露光てやつですが、止まって居るモノを撮るときと、動いているものを撮るときがあります。この写真は後者で、S字のこのカーブで撮ったらどんなことになるだろうと思って撮ってみたもの。結局ナニが撮りたかったのか良くわからないまま、ココに貼付けてみる。

2011年7月29日金曜日

朝の水田

朝、目を覚ますとまず確認するのが、晴れて居るか、曇っているか、はたまた、雨が降っているか。この日は晴れ。日が出てから1時間くらいしてからの太陽なので、高くもなく、低くもなく。ちょうどいい加減な場所にいてくれます。そして、水鏡に映る電車を眺めながら、太陽と一緒にパチッと。

2011年7月28日木曜日

街を背に

2008年の写真です。このころはまだコンデジで遊んでた頃ですね。前にも書いたかもしれないけどS10で撮ってました。感度も速度も全部自動で何でもやってくれる賢いカメラでした。・・・でした といっても、まだ現役ですけどね。

2011年7月27日水曜日

第一橋梁を渡る

こっちから日が当たるということは夕方だよね。たぶん。この橋はもうちょっと攻略すればもっと面白い絵が撮れそうなんだけどなぁ。そういえば最近「光風台」を検索すると能勢電鉄の駅が出てきて困るんです。

2011年7月26日火曜日

八坂祭り

先週の金土は八坂祭りでした。電車との絡みは難しかったけど、駅との絡みならなんとか撮ることが出来ました。ちょっと無理があるのと、映ってる人が特定出来そうでしたのでちょこっと加工してみました。他所の土地のお祭りなので、我が物顔で歩く訳にもいかず、コソコソ撮らせてもらいました。

2011年7月25日月曜日

朝日と共に

朝、道の駅の車内で目覚めた後、顔を洗って、橋の袂へ。じわじわと昇ってくる太陽と空を覆う雲を眺めていると、遠くからカタンカタンと心地よい音が聞こえる。太陽とクルマがすれ違った瞬間にシャッターを押してみる。
・・・そういえばココは南総じゃないな。

2011年7月24日日曜日

川間の夕暮れ

なんとか、ぎりぎり、まぁまぁ許容範囲内かな?って絵が撮れたので早速貼付けてみる。もうちょっと赤く染まって欲しかったり、贅沢を言えば茜雲なんて出てみたりしてくれると嬉しくてひっくりかえっちゃうかもしれない。

2011年7月23日土曜日

青色の水田

日の長い日、晴れた日、出来れば月が出ていて明るい日、風のない日、早苗さんがそれほど成長していない日、などなど、条件が揃うまで、何度通ったことか。2年か3年、通ってやっとこんな感じですよ。本当はもうちょっと透明感が欲しいのだけど・・・難しいねぇ。

2011年7月22日金曜日

自然じゃない、人里なんだよね。

こんな気持ちよい沿線ですが、いわゆる手付かずの大自然っていう訳じゃないんですよね。むしろ全く逆で、人の手が入っていない場所なんて殆ど無い。ほぼ100%、何かしら手が入ってる場所ですね。これを里山、人里なんて言います。

ところで今日は2年に一度の八坂祭りです。どんな絵が撮れるか楽しみです。

2011年7月21日木曜日

緑のトンネル

今日もちょっと古い写真です。去年の5月ですね。そろそろ新緑も終わって、夏に向かって一気に進んで行く頃です。今はもうここら辺の木が伐採されてしまっているようですので、次にこんな絵がこの場所で撮れるのはン十年後でしょうか。

2011年7月20日水曜日

緑色の絨毯

去年の写真ですが、お米が順調に育っている風景。休耕田がそんなに無いので一面が緑色に染まります。今年はまだ築堤部分が茶色いのでこんな絵は撮れないのですが、もうちょっとすれば撮れるようになるのかな?台風で稲が倒れないことを祈っておきましょう。

2011年7月19日火曜日

山中の紅葉

ちょっと時期がアレだけど、先週の月曜日の場所の秋の写真が出てきたので貼ってみる。この路線の沿線って、養老渓谷という観光スポットにありながら、紅葉と電車を絡めようとするとなかなか難しかったりします。しかし、こんだけ大きくスケールを取ると結構絵になるんじゃないかと思うのですが、如何でしょう?
そういえば、この写真の左側にある銀杏ですが、旧分校の校庭に植わってるやつかなぁ?

2011年7月18日月曜日

里山の昼下がり

もうすぐ夕方、黄昏時というにはまだ早い、かといって、昼間というには遅すぎる、そんな曖昧な時間のことって、何て言うんでしょうね。一応、「昼下がり」と題打ってみたけど、イマイチ自信がありません。
写真は少し半逆光気味にして、稲穂に光を透かしてみたんだけど、判るかな? 判るか判んないか、判らないリスクとクルマの前が影になるリスクとどちらを取るか、悩みどころです。

2011年7月17日日曜日

雲一つない青空の下

築堤の上を行くキハの2両編成。真っ青な青空の下、お客さんを乗せて走って行きました。気がつば昨日はここの更新をサボってしまいましたね。今日はその昨日の写真。新鮮取れ立てです。しかし暑かったですねぇ。牛久のドラックストアで日焼け止め買ってしまいました。

2011年7月15日金曜日

青空の下

ちょっと古い写真ですが、こんな青空を期待して明日は沿線で駆けずり回ってこようと思います。最高気温32度の予想です。熱中症対策、日焼け対策を万全にして楽しみたいですね。

2011年7月14日木曜日

夏、始めました!

梅雨が明けて、夏らしい日々が続くようになりました。早く週末が来て欲しい今日この頃。あと1日、仕事を片付ける作業が待っています。そうすれば待ちに待った3連休。思う存分夏を満喫したいですね。沿線に出向かれる方は熱中症等、気をつけてお楽しみくださいね。

2011年7月13日水曜日

ココらへんはまだ南総…かな?

川間で夕焼けを期待して待ってたんだけど、すっかり日が暮れて、そのまま夜になりそうな勢いだったので、きっと馬立まで行けばウマく行く筈みたいな変な確信のもと、クルマを走らせて現地着。どう考えても普通に夜です。仕方ないので、ちょっとヘッドライトと戦ってみました。ウマく行ったのか、行かなかったのか、良くわからない絵が出来ました。

2011年7月12日火曜日

白鳥座を撮ってみる

何気なく星座表を見てみると、白鳥座がいい感じの位置にいるらしいじゃない。ってことで、方角等を検討してみるとどうもココが一番いいのではないかと。いうことで、実際に検証してみる。確かにいい感じの場所に出てますね。銀河鉄道が白鳥ステーションに到着した感じ?しかし、列車はつれなく数秒で発車。あえなくブレブレ写真が出来上がりました。次回、リベンジが必要なようです。それから、飛行機は是非自重していただきたい。

2011年7月11日月曜日

山中を行く

あまり昔の写真ばっかり貼付けてると、飽きられそうなので、タマには新しい写真も貼付けてみようと思います。
五井の工場群を背景に町中を走っていたキハ200も、終点間際ではこんな山の中を走ります。町中、里山、山中、いろんな風景の中を走る小湊鉄道、こんな魅力的な鉄道が首都圏から1時間で行ける場所にあることが奇跡だと思います。

2011年7月10日日曜日

新・高滝の猫・3・風雲竜虎編

高滝の猫シリーズも今日で終わりです。こうやって1週間続けると、案外長いもんですね。
続いて市原の名物シリーズっていうリクエストを貰っているんですが、ちょこっとお休みしてからやってみようかと。ただ、ネタは7個も無いから数回で終わると思うけど。

2011年7月9日土曜日

新・高滝の猫・3

高滝の猫週間もあと1日。どうやらネタ的には間に合ったようです。いつからだったか・・・高校の頃だった気がします・・・色ではなくて光が撮りたいなんて思ってました。今でもそれは変わらないんですが、そんなにそんなにウマく撮れるハズも無く、こんな絵でごまかす日々が続いております・・・。

2011年7月8日金曜日

新・高滝の猫・2

この頃のカメラは、最後のスイバル機、S10でした。このカメラはまだおいら的には現役です。各メーカー、違う方向へ行ってしまい、純粋なこのカメラの後継は未だに出てきていないのですよね。猫目線で撮るのにはとても重宝しています。

2011年7月7日木曜日

新・高滝の猫

猫週間、折り返しを過ぎて、そろそろネタ的にヤバい感じか。こんなことなら渓谷駅の猫も撮っておくんだった。
この頃はまだ去勢とかしてなかったんだよね。風景は変わらないけど、彼らを取り巻く環境は刻々と変わって行くもんなんですねぇ。

2011年7月6日水曜日

続々・高滝駅の猫

猫週間3日目、水曜日。果たして日曜日まで猫写真が足りるかどうか。写真は相変わらず高滝駅。何年かここへ通っていると何代か代替わりしてるような気がします。前はシャムの血が入ってると思われる子がいたのだけど、今はいないんですよねぇ。

2011年7月5日火曜日

続・高滝駅の猫

ヨシ!決めた!今週は猫週間だ!猫と言えば高滝駅です。養老渓谷駅にもいっぱいいるようですが、暫くは高滝駅の彼らを貼付けてみようと思います。今頃彼らは、暑い夜に溶けているのではないでしょうか。

2011年7月4日月曜日

高滝駅の猫

猫成分が足りない!全然足りない!ということで、探して貼付ける作業開始!
ホントは猫と電車のツーショットが欲しいところだけど、そんなタイミングの良い写真は持ち合わせていないのだ。

2011年7月3日日曜日

大久保駅の帳

夜のトバリが降りてくるころというと、もうちょっと暗くなった頃をさすのかな?こういう時間のこと、何て言うんでしょうね。日本語って、ほんの些細な違いで何通りも言い方があるから、面白い&難しい。

2011年7月2日土曜日

雨の高滝駅

ここ何日かは梅雨の晴れ間で、ものすごい暑さですが、夕立が通り過ぎると涼しくなって良い気持ちです。といっても梅雨は梅雨。もうちょっと梅雨らしい風景を貼らないと!ってことで、探して貼付けてみる。猫が一匹佇んで、雨がやむのを待っているようです。

2011年7月1日金曜日

春の飯給駅

春と言えばサクラ、サクラと言えば飯給駅、と、小湊鉄道では至極当たり前の連想ゲーム。最近は良い季節になるとたくさんの方々が来てくれます。この写真もそんな一コマ。
ところで、この前飯給駅にお邪魔した所、草刈りの真っ最中。地域の方々がボランティアでやってるんだそうです。そこで少しお話ししたときに、ボソッっとおっしゃった一言。「桜のときだけ来て、『まぁキレイだねぇ』で帰られちゃうと、ちょっと寂しいよねぇ」

そうそう、この足下、昔はちゃんと道だったみたいですね。なんとなく四種踏切っぽいモノがあるので、不思議だなぁとは思ってたんだけど。